インプラント治療をした人へのアドバイス

インプラント治療後に注意が必要なのが歯周病

インプラント治療後に注意を払わなければいけないのが歯周病です。インプラントは天然歯とちがい虫歯にはなりませんが、歯周病のような状態にはなります。歯周病になってしまうとインプラントを長く持たせることが難しくなるので術後のケアはとても重要です。

インプラントの噛み合わせを定期的にチェック

他にも気をつけたいことがあります。それは、噛み過ぎることです。
インプラントは天然歯とほとんど変わらない機能を回復できる優れた治療法ですが、天然歯の場合は歯根膜というものがあり噛み過ぎたとき感覚としてそれが伝わりますが、インプラントでは歯根膜がないためそのような感覚を伝える機能がインプラントには無いのです。

噛み過ぎのいちばんの原因は、歯がきちんと咬み合わさっていないことです。
正しい咬み合わせであれば、インプラントを破損するほど噛み過ぎたりはしません。

強く噛み過ぎてしまうと、インプラントに過剰な負荷をかけることになりますので、力がかかりすぎないよう歯科医院で定期的に咬み合わせをチェックしてもらうことが大切です。

インプラントを長く持たせるためにはメンテナンスが大切

インプラント治療が成功したかどうかは、手術の成功だけでなく、永く使い続けられるかどうかにもかかっているといえます。自分で行う毎日のケアに加えて歯科医院でのメンテナンスがとても大切になります。メンテナンスを続け、いつまでもしっかり噛めるようインプラントを維持していきましょう。

インプラント治療の歴史を振り返ってみましょう

インプラントの起源はローマ時代にさかのぼります。
インカ帝国の遺跡のミイラから、歯の代わりとしてサファイアをはめ込んだ顎の骨が見つかっています。

このころから歯を失った人たちは歯の代わりとなる硬いものなどを使ってインプラント治療の原型となるようなことを行っていたんですね。

インプラント治療法の基礎を築いたのは、スウェーデンのブローネマルク博士です。
ブローネマルク博士は、1952年、チタンと骨が結着する「オッセオインテグレーション」という現象を発見しました。(オッセオは骨、インテグレーションは結合との意味です。)
さらに、人体への応用研究を進め、実用品の開発まで大成させています。

多くの金属は体液と接触すると溶け出しイオン化します。イオン化した金属が体内のタンパク質と結びつくと体が異物だと認識してアレルギーを引き起こしてしまいます。

しかし、チタンは生体親和性が高い金属です。また、骨とも結合するという性質もあり、インプラントに使わるようになりました。

インプラントは顎の骨に一度埋め込んだら、長期間にわたって機能してくれます。

1965年、ブローネマルク博士は初めて人体においてインプラントの臨床研究を行いました。
患者さんは、先天的に歯が生えない病気で困っていた当時34歳の男性です。彼が76歳で亡くなるまで41年もの間、埋入されたインプラントは機能し続けたというデータが残されています。

インプラントはオッセオインテグレーションの発見により成功率が向上し、安全性が認められたことで世界中で広く取り入れられることになり、日本初のインプラント手術は、東京歯科大学で1983年に行われました。

検診でむし歯が見つかったら

新年度が始まって2週間たちました。新入学されたお子さんたちは、そろそろ学校に慣れてきたでしょうか。進級でクラス替えのあったお子さんも、新しいお友だちができたでしょうか。春は健康診断の季節です。学校においても歯科検診が行われます。これから夏休みまでの間に、検診の結果を持って帰ってくることになります。お知らせにむし歯や歯並びその他、要注意の記載がありましたら、保護者の皆様はぜひ早めに歯科へ連れて行ってあげてください。むし歯は小さなうちに治せば治療もラクでしすし、場合によっては経過観察ですむこともあります。どうせ乳歯は抜けるからと放置しておくと、その後の永久歯に影響することもあります。かみ合わせに問題があって矯正治療が必要になる場合は、どんなことでも相談に乗ってもらえて、ていねいに説明してもらえるような歯科医院を選んでください。いずれにしても、学校での集団検診には限界もありますので、一見むし歯がなくても定期的に歯科にかかるような習慣づけをされるといいでしょう。

ゴールデンウィークも近づいてきましたが、鹿沼市では「あわの城山公園つつじまつり」が始まりました。期間は平成25年5月3日(金)まで。つつじの花を見ながら「城山スカイローラー(すべり台)」をすべると、爽快な気分になれそうです。

健康にっこう21

3月も残り少なくなってきました。4月になると、日光二荒山神社の「弥生祭」が開催されます。日時は平成25年4月13日(土)から4月17日(水)までで、4月なのになぜ「弥生祭」かというと、昔は3月に開催されていたからだそうです。16日と17日には、「花家体(はなやたい)」が市街地を練り歩きます。「花家体」は12の町からそれぞれ繰り出されるもので、その名の通り、お花がかざられた華やかで春らしい山車です。祭り囃子もにぎやかに、毎年多くの人が訪れるお祭りです。

さて、日光市では、「健康にっこう21」計画が策定されています。これは、壮年期の死亡を減らし、生活の質を向上させて、市民のみなさんが少しでも長く健康に暮らせるためにどんなことを行うかを定めたものです。平成22年には、「にっこうのびのび体操」もできました。楽しく体を動かして、運動の習慣をつけ、生活習慣病が予防できればいいですね。また、「健康にっこう21だより」も発行されていて、市のホームページで第1号から見ることができます。第8号は歯のことについて書かれていて、8020運動の意味がわかりやすく書かれています。また、噛むことの大切さも説明されていて、面白いあいうえお作文もありますよ。いろいろな情報が載っているので、読んでみられてはいかがでしょうか。

梵天祭り

「梵天祭り」が開催されます。
羽黒山神社の秋の例祭です。
穀豊穣、家内安全を願って羽黒山神社に梵天を奉納する祭りです。
約300年の歴史を持つ伝統ある祭りです。孟宗竹と真竹を継いだ15メートル程の竿に、和紙やビニールで房がつけられた梵天を奉納します。
揃いのハッピに白足袋姿の若者が「ホイサ、ホイサ」と担ぐ様子は勇ましく、今里の宿から羽黒山神社まで3kmほどの参道を練り歩きます。

2012年11月23日~24日
【23日】9:00~15:00  【24日】9:00~12:00
宇都宮市 羽黒山神社および今里地区
JR「宇都宮駅」から関東バス臨時便約40分「今里下」下車